新人王

2024東日本Sバンタム級の注目選手〜阿部一力は苦戦の予感

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

2024年東日本新人王トーナメントSバンタム級の注目選手を紹介します。

再起に賭ける期待のルーキーから何かやってくれそうなオールドルーキー、3度目の挑戦者とストーリー性のある選手が揃いました。

2階級アップの阿部一力はフィジカルの差を懸念

2023年にSフライ級でエントリーしていた大橋ジムの阿部一力選手が2階級アップしてSバンタム級に登場。

2023年は準決勝で吉成亮人選手のガッチリガードからの接近戦に体力を削られ敗北。

フィジカルと体力の差がでた試合でした。

そこから2階級アップしてSバンタム級にエントリーした阿部一力選手。

減量苦からは解放されるでしょうが、Sフライ級でもそれほど大きさは感じなかった阿部一力選手がSバンタム級で果たして通用するのか??

スピードどフットワークを活かしたボクシングを展開するのでしょうが、2階級の壁を乗り越えられるようにはちょっと思えません。

自力はあるので優勝候補の一人ではありますが、階級アップがどうしても気になる。

オールドルーキー八谷洋平のパンチ力

今大会の台風の目になるかも知れないのがRK蒲田ジムの35歳オールドルーキー八谷洋平選手。

パッと見は強さを感じず、遅咲きのガムシャラに手を出すスタイルを想像していました。

が、試合を見て評価は一変。

上半身のムキムキ具合はないものの下半身がとても強く、体重の乗った素晴らしいボデイジャブを打つ。

デビュー戦ではこのジャブでダウンを先取し、最後はフックで仕留めて1RTKO勝利。

2戦目も3戦3勝2KOの菅谷翔太選手相手に1,2Rに左ストレートでダウンを奪い3Rにも左からの右フックでグラつかせての完勝。

30過ぎてプロになる選手はフィジカルの弱さで負けてしまうパターンが往々にしてありますが、八谷選手の下半身の力は相当なもの(下ネタではなく、、)。

菅谷選手との試合は最終ラウンドは後手に回っていてスタミナ面は多少心配ですが、阿部一力選手相手に八谷選手の腰の入ったパンチがどこまで通用するか楽しみ。

RK蒲田ジムは奈良井選手を筆頭に、2023年の新人王トーナメントを盛り上げた牧田選手にこの八谷選手と殺傷能力の高いボクサーが多い気がします。

3度目の正直なるか背水のアグレッシブガイ橋場大樹

2022年は東を制した廣瀬選手に敗北。

2023年は優勝候補だった山川選手に敗北。

2024年は背水の陣で1階級落として勝負に出る橋場大樹選手。

橋場選手は宮田ジムイズム全開の好戦的なスタイルながらクネクネした独特の距離感がありやりづらい選手。

あのやりづらさをもう少し活かせば一皮むけそうな選手であります。

パンチもあって倒すか倒されるかというボクシングは後楽園ホールを盛り上げてくれますが、せっかく1階級落とすので距離感という武器を最大限発揮して欲しくもあります。

トーナメント初戦でぶつかる渡嘉敷ジムの三浦凪飛選手は3戦3勝3KOのパーフェクトレコード。

ボクシングはかなり荒々しくノーガードで飛び込んでくるパンチは怖いが倒すチャンスも十分。

KO決着間違いなしの面白い試合になるでしょう。

花形ジム期待の新星矢野円来

花形ジムの矢野円来選手はフットワークとスピードが武器の選手。

まだ少し自分のスピードをコントロール出来ていないように見えますが、相手の動きに合わせたボクシングが出来るようになれば一気に化けるポテンシャルを持っています。

試合中の木村トレーナーの指示がとても的確で客席の自分も勉強になっています。

トレーナーもしっかり選手の特徴を把握して的確な指示を出しており、課題を修正しながら伸びてくる選手だと思います。

今淵啓輔からバトンを受けた佐藤和輝

ボクサー定年を迎える今淵啓輔選手のラストファイトを務めた佐藤和輝選手。

今淵選手の15戦目での初勝利を阻止した佐藤選手は「あと18年頑張ってね」と今淵選手からバトンを託されました。

バトンを託された佐藤選手は現在3戦3勝。

まだKO勝利はないものの、全ての試合でダウンを奪う盤石なボクシングで勝ち続けています。

若いながら穴がなく、変なクセもない好選手です。

まとめ:優勝争いは横一線のSバンタム級

2024年の東日本Sバンタム級は突出した選手はおらず横一線。

  • 阿部一力の2階級アップの再起が吉と出るか?
  • オールドルーキー八谷洋平が波乱を起こすか?
  • 背水のアグレッシブ橋場大樹VS三浦凪飛はKO必至。
  • 花形ジムの新星矢野円来のフットワーク。
  • 今淵啓輔からバトンを受けた佐藤和輝の安定感。

誰が勝ち上がってもおかしくない激戦区のSバンタム級。

個人的にはオールドルーキー八谷洋平選手が気になってしまいますね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

-新人王