新人王

2024東日本新人王Sフライ級は江崎由・高橋秀太に國田虎之朗が気になる存在

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

2023年度の東日本新人王Sフライ級は無尽蔵のスタミナと機動力で佐藤祐選手が優勝。

注目選手が多かった中をノーマークだった佐藤選手が優勝をかっさらいました。

2024年度のSフライ級は昨年度より若干エントリー数は少ないものの、昨年のリベンジを狙う選手、アマチュアキャリアを持ってプロデビューする選手らの活躍に注目しております。

高橋秀太は3度目の正直なるか!?

2022年度の新人王トーナメントから気になる存在である高橋秀太選手。

戦績はトーナメントエントリー時点で6戦3勝(3KO)2敗(1KO)1分。

デビュー以降試合の度に強くなっている印象を持っていましたが、2022年度のトーナメントは現在ランカーの渋谷亮太選手に引き分け敗者扱いで敗退。

2023年度は2対1の判定で佐藤祐選手に敗退と、惜しいところで優勝を逃してきました。

2023年の7月以降試合をしていないので現在地は未知数ですが、まだ22歳と若く伸び代のある時期なので成長した姿をリングの上で見せてくれることでしょう。

横浜光のサウスポー江崎由は2度目の挑戦

2023年度のトーナメントでは高橋秀太選手同様、佐藤祐選手に2対0の判定で敗れた江崎由選手。

序盤は佐藤選手相手に互角以上に渡り合っており、有効打ではやや上回っていると思いましたが、2R後半辺りから佐藤選手のスタミナに手を焼き、後半のラウンドは失速。

高校時代にインターハイ出場経験も持つ江崎選手。

攻撃力が高くてプロ向きのボクサーですが、後半のラウンドになると腰が浮いてやや足が突っ立った感じになるところが気になります(偉そうにすいません)。

ペースダウンしなければ優勝争いに食い込んでくる有望な選手です。

セレスジムのサウスポー國田虎之朗はアマ22戦15勝(1RSC)7敗

プロデビュー前ですがアマチュアで22戦15勝(1RSC)7敗のキャリアを持つ國田虎之朗選手。

セレスジムのサウスポーと言えば岩佐亮佑に南出仁とサウスポーの好選手を輩出してきました。

國田選手はスピードがあって完成度の高い綺麗なボクシングをするタイプ。

まだプロのリングには上がっていませんが、一気に駆け上がって優勝する可能性は十分あります。

高橋秀太選手のようなプロのファイターとぶつかった時にどうなるのか観てみたい。

セレスジム公式サイトより

トーナメントを制する可能性は十分ありますが、、そんな好きな異性のタイプに出会えるほど人生は甘くない!!

まとめ

Sフライ級はワールドスポーツの久保龍助選手も良い体してバランスの取れた好選手です。

今の時点では誰が優勝するか全く見当もつきませんがここからの成長を追いかけていきたいと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

-新人王