那須川天心

那須川天心キックからボクサーへの進化の軌跡〜一歩ずつ、世界までの道のり

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

こんにちはボクシングブロガーのtorajiroです。

この記事ではキックボクサーからボクシングに転向した那須川天心選手の成長・進化の過程をまとめています。

2023年は遂に那須川天心選手がプロボクサーとしてリングに上がりました。

今のところ素晴らしいパフォーマンスをみせています。

しかしキック時代の実績が凄過ぎ、

キック時代のファンの期待も大きく、

KOできないことに対する様々な声も聞こえてきます。

天心選手へのネガティブな声

  • キック時代の輝きがない
  • 華がなくなった
  • ボクシングを覚えて倒せなくなった
  • 倒すパンチじゃない
  • 総合行った方が良かった

中にはキック時代と比較して倒せない原因を解説するような動画もありました。

様々な声が聞こえてきますが、那須川天心選手はボクサーとして着実に進化を続けています。

果たしてキック時代の天心選手とはどこが変わったのか!?

まだまだ始まったばかりの天心選手のボクサー人生。

その進化の過程を紹介していきます。

0戦目:フロイド・メイウェザーとのエキシビジョン

那須川天心選手がフロイド・メイウェザー氏とエキシビジョンを行ったのは2018年12月31日(月)。

プロボクサーになる4年以上も前の話です。

メイウェザー氏が大金を稼いだことで賛否を読んだエキシビジョンでしたね。

この頃から那須川天心選手はパンチのスキルも非常に高く、スピードも抜群でした。

ただ、足も蹴られるキックの世界で戦っていた時期なので、フットワークは跳ねるタイプでスピーディだけど浮いた感じはありました。

キックの場合、重心低くしっかり踏み込んだところにローを合わされたらダメージが甚大。

僕も一時期キックを習っていたことがありましたが、ジャブで踏み込んだところにローを1発合わされただけで立てなくなりました。

足の使い方がボクサーとキックボクサーだと大きく違います。

この頃の天心選手はまだボクシング仕様にはなっていない印象を持ちました。

1戦目:日本ランカー与那覇勇気選手相手にデビュー戦

2023年4月8日(土)デビュー戦にしていきなり日本ランカーが相手

という驚きのマッチメイクで那須川天心選手はプロボクサーとしてデビュー。

相手は1階級下のバンタム級とは言え、挑戦者決定戦まで出場したことのある与那覇勇気選手でした。

デビュー戦にして危険な相手を迎えた那須川天心選手。

しかし蓋を開けてみたらスピードとカウンターで圧倒しての完勝。

サウスポースタイルの那須川天心選手は、対オーソドックスのセオリーである右回りを徹底。

距離を詰める与那覇選手にカウンターを合わせて翻弄。

ダウンも奪い、判定もほぼフルマークの文句なしの完勝。

しかし派手なKOを期待していたファンはやや物足りなさも感じたデビュー戦でした。

僕はこの試合、特に以下の点でキック時代からの進化を感じました。

デビュー戦での天心選手の進化

  • 右回りの徹底
  • メイウェザー戦での跳ねるフットワークから地に足付けたフットワークへ

全てを見せたのではなく、まずは基本通り。

次戦での更なる進化を予感させるデビュー戦でした。

(那須川天心選手デビュー戦はprimeビデオで視聴可能)

2戦目:メキシコ・バンタム級王者ルイス・グスマン選手と対戦

2戦目は2023年9月18日(月)。

対戦相手の変更もありましたがメキシコ・バンタム級王者ルイス・グスマン選手と対戦。

試合前の公開練習では両サイドへの素早いフットワークを見せて視聴者を驚かせました。

下がりながらの右回りとカウンター主体だったデビュー戦と違い、

2戦目は両サイドへの動きを見せ、

自分から攻めて見せ場も多く作りました。

更にパンチのモーションも少なくなったように感じました。

構えている位置から予備動作なく真っ直ぐ飛んでくるので対戦相手は反応出来ない。

フェイントの重要性は良く聞きますが、同様にモーションがないというのもとっても重要です。

2戦目での天心選手の進化

  • 両サイドへの動き
  • 自分から攻めて崩す場面を作る
  • 腰が更に落ちてパンチに体重が乗ってきた
  • 手の動きが減り、モーションのないパンチに

デビュー2戦目も2度のダウンを奪いフルマークの完勝。

KOは逃しましたが一歩ずつ着実に成長していることが分かる試合でした。

>>2023 スーパーバンタム級8回戦 那須川天心 vs. ルイス・グスマン

3戦目:世界ランカーのルイス ロブレス パチェコ選手と対戦

天心選手のプロ3戦目は2024年1月23日(火)。

対戦相手はバンタム級の世界ランカールイス ロブレス パチェコ選手。

  • 世界ランカーではあるが1階級下のバンタム級
  • ランカーとはいえ14位と下位

まだまだ本当の世界のトップクラスとの対戦ではありません。

しかし3戦目で世界ランカーは異例。

戦前はルイス ロブレス パチェコ選手はスピードもあって2戦目の相手以上に倒すのは難しいと予想していました。

結果的にはロブレス選手が足を痛める形でのTKO勝利。

結果的にはTKO。

内容もスピードで圧倒。

世界ランカーにほぼ何もさせずに試合を終えました。

天心選手は3戦目の内容が評価されてか、WBAの世界ランキング7位にランクされました。

焦る必要は決して無いですが、世界上位ランカーと試合しても普通に勝てそうなレベルまで来ています。

2戦目以上にパンチに予備動作がなくなり、それに加えて圧倒的なスピード。

近い将来手のつけられないボクサーになるでしょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

-那須川天心