ボクシングニュース 観戦記

村田諒太VSゴロフキン観戦記 予想通りだった点と予想外だった点

こんにちはtorajiroです。

村田諒太選手とゴロフキン選手のボクシング世界ミドル級統一戦は戦前の期待通りの素晴らしい試合でした。

僕は村田選手のストロングポイントがゴロフキン選手に通用すれば判定で勝てると予想していましたが、実際の試合では双方予想通りだった面もあれば予想外だった面もありました。

予想が当たった点、外れた点、意外だった点をそれぞれ紹介します。

予想通りに通用した村田選手のストロングポイント

以前こちらの記事で村田選手VSゴロフキン選手の試合予想をしていました。

村田選手はフィジカルが強くガードが堅く、ジャブも上手くてボディ打ちも上手い。

こうしたストロングポイントがゴロフキン選手には有効だという予想でした。

村田選手は特にボディ打ちが上手く、右ストレートボディも右ストレートからの左ボディアッパーもどちらも威力があり、一方のゴロフキン選手はややボディが弱いという弱点がありました。

村田選手のボディは実際試合でも非常に有効で、序盤は村田選手のボディ打ちをゴロフキン選手がかなり嫌がっていました。

「これはひょっとするとひょっとするんじゃないか、、、」多くの方がそう感じたのではなかったでしょうか。

自分はと言いますと、、、興奮でもう半狂乱でした。。。

たいそう近所迷惑だったことでしょう。

大変申し訳ございませんでした。。

ゴロフキン選手に上回られた村田選手のストロングポイント

村田選手のストロングポイントとして、僕は村田選手のジャブを推していました。

ノーモーションでドシンとストレート並の威力で伸びてくる村田選手のジャブはゴロフキン選手にも絶対に通用すると予想していましたが、ジャブの差し合いではゴロフキン選手に上回られてしまいました。

村田選手のジャブはガードの上からで、逆にゴロフキン選手の細かなジャブは村田選手のガードの間をすり抜けてコツコツとヒットしていました。

このジャブの差し合いが重要な鍵になり、戦前はここで村田選手が上回ってジャブで相手を下がらせて有利な体制から接近戦に持ち込めると予想しましたが、ゴロフキン選手はボクシングが上手かったです。

また、村田選手はフィジカルが強くガードも固いのでゴロフキン選手のパンチも耐えられると予想しましたが、これは一定程度は当たりました。

が、ガードの上からでもゴロフキン選手のパンチは威力があり、徐々に村田選手がダメージを負っているように見えました。

村田選手が本番で見せた成長

試合ではボディだけでなく、村田選手の右アッパーも非常に有効だったように感じました。

右ボディストレートが有効だったからこそ、あの右アッパーも良く当たったのだと思いますが、あのパンチには村田選手のレベルアップを感じました。

また、終盤ゴロフキン選手のパンチをダッキングで避けていましたが、あれもかなり意外でした。

村田選手もあんな風にパンチを避けられるんだと驚きました。

まとめ

リアルゴロフキンはやはり強かったですが、村田選手は確かな爪痕を残しました。

全く通用しなかった訳ではなく、実力が拮抗した者同士の手に汗握る攻防を見せてくれました。

日本のボクシングが一つ先の世界に進んだ歴史的な試合であり、この試合を見てボクシングの世界に飛び込みたいと思ってくれた若い子もたくさんいる事でしょう。

日本ボクシング史の重要な1ページとして、何十年後も語り継がれる一戦を実現させてくれた両選手、両陣営、関係者の皆様のご尽力に感謝申し上げます。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。ボクシングニュース、3150FIGHTネタ、各種ボクシングデータ、新人王トーナメント、選手紹介等のボクシングブログを書いています。

-ボクシングニュース, 観戦記