2023 新人王トーナメント

2023東日本新人王フライ級の注目選手紹介〜防御力か?攻撃力か?

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

こんにちは。新人王トーナメントが大好きなボクシングブロガーのtorajiroです。

2022年度の新人王トーナメントはアマチュアキャリア豊富な西軍代表の二階堂迅選手が圧倒的な強さで優勝。

東日本を制したナイスアフロ長谷川優太選手もこの大会を盛り上げるのに一躍買いました。

>>2022新人王フライ級東軍は叩き上げ、西軍はアマキャリア豊富な強豪揃い

2023年度の東日本新人王トーナメントは攻撃に特化した選手もいればディフェンス能力が高くてオールマイティな選手も。

果たして東の頂点を極めるのは誰になるか?

注目選手を紹介します。

ガードしっかり打ち終わりも良い小須田優衣雅

優勝予想で一番に名前を挙げるとしたら総合力の高いワールドスポーツジムの小須田優衣雅選手。

小須田選手は攻撃力があり尚且つガードがしっかり。

打ち終わりもしっかり動いてバランスも良い。

万能で出場選手中もっとも穴のない選手。

ワールドスポーツジムの選手は総じて体が強くて練習量の多さを感じます。

コツコツ的確に竹野海佑

前回のトーナメントでナイスアフロ長谷川優太選手相手に引き分け敗者扱いとなった竹野選手。

長谷川選手相手にコツコツと的確なパンチは当てていましたが、ダイナミックさ、一気にまとめる勢いでやや長谷川選手が上回りました。

どちらかと言うとコツコツ相手を弱らせていくスタイルなので新人王トーナメントで優勝するタイプのボクサーではないかもしれませんが、A級まで上がれば長いラウンドでジワジワと相手を弱らせていくしぶといボクサーになりそうだなという印象です。

伸びるリードにダイナミックが左フックが魅力の高熊龍之介

前回トーナメントでは八王子中屋ジムのパンチャー梶谷有樹選手の左カウンターに沈んだ高熊選手。

身長は172cmとフライ級では高身長。

伸びるリードに思いっきり振り切る左フックは見応えある選手です。

ガードも悪くないのですが、攻めに出るときはガードが下がりがちで打ち終わり、相打ちを狙われると危ない。

勝ちに徹すれば遠い間合いでスピーディーなジャブから組み立てて完封できそうな気もするのですが、面白い試合をする分リスクもある選手。

スタイリッシュなボクサーに見えますが、高熊選手の試合は好試合になる事が多い。

圧倒的攻撃力の松浦諒太

2019年のデビューから2022年に3年振りに復帰したドリームジムの松浦諒太選手。

全盛期のドリームジムは新人王トーナメントに良い選手をバンバンと送り出していましたっけ。

松浦選手の最大の武器は何と言っても圧倒的な攻撃力。

キレのある動きから、全身をぶつけていくようなパンチを繰り出し、デビュー戦では今やA級で注目選手として活躍している山内寛太選手に1RTKOで勝利を収めています。

出典:武士道ボクシングVより

攻撃力は魅力的な松浦選手ですが、その分ガード面では課題があり、思い切りうちにいく分強烈なカウンターを食らってしまうリスクもあります。

倒すか倒されるか、そんなわかりやすいボクシングをするのが松浦諒太選手の特徴です。

東日本フライ級準決勝は高熊龍之介が成長を見せる

2023年9月14日(木)の東日本フライ級準決勝は準決勝ながら未勝利の選手同士による一戦。

  • 野口ジムの山本敬太選手は2戦連続対戦相手の棄権により準決勝へ。
  • 大橋ジムの山田龍斗選手は2戦連続ドローの勝者扱いで準決勝へ。

この両者による一戦は山田選手が2RTKO勝利。

山本敬太選手はデビュー戦を会場で観戦しましたが、ボクシング技術的には決して低くないです。

が、30過ぎてプロデビューした選手特有の下半身の弱さから来る打たれ弱さのようなものを感じます。

顎そのものの弱さというより下半身の弱さが原因なんじゃないかと。

大橋ジムの山田選手はデビューから3連敗。

そこから2戦連続引き分け勝者扱い。

そしてプロ6戦目で初勝利。

エリートボクサーが集う大橋ジムにもこんな叩き上げな雑草ボクサーがいるんですよ。

山田龍斗選手は6戦1勝で東日本新人王の決勝へ。

2023年9月15日(金)の東日本新人王トーナメントフライ級準決勝は昨年のショッキングなKO負けから這い上がった高熊龍之介選手が勝利。

スタートから好戦的なドリームジムの松浦諒太選手は高熊選手のガードの上からお構いなしにパンチを振るのですが、やや無駄打ちな感じが。

ガードを固める長身の高熊選手に右ボディストレート狙いは良いのですが、そこで一発当ててからの連打は全てガードの上。

ポイントにもなりにくいしスタミナもロスする。

1R目はそれでも松浦選手が手数でポイントを手繰り寄せたでしょうが、徐々に高熊選手の両ガード上げた状態からノーモーションで繰り出されるジャブが機能。

中間距離ではジャブ、接近戦では左ボディで高熊選手がペースを取り、松浦選手はやや強引にガードの上からパンチを振る展開。

判定は2対0で高熊選手を支持しましたが、パンチの精度にかなりの差がありました。

これにより決勝は6戦1勝の山田選手と7戦6勝の高熊選手による対戦に。

まとめ

以上、2023年度東日本フライ級の注目選手を紹介しましたが、全日本で見るとフライ級の優勝候補は中日本の坂井涼選手。

>>中日本新人王トーナメント佐野遥渉に続く優勝候補は誰だ!?

2022年度は二階堂迅選手とのハイレベルな攻防に敗れましたが2023年度は坂井選手の優勝は固いでしょうか。

坂井選手へのリベンジに燃える西部日本の濵村悠太郎選手の回転力も侮れません。

>>ボビーオロゴンJrにキンノスケ☆西部日本新人王の注目選手

2023年度もレベルの高い西軍に対し、東軍代表がどこまで食い下がれるかにも注目しております。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

-2023, 新人王トーナメント