新人王

2024東日本新人王Sフェザー級の優勝予想は?

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

2023年の東日本新人王Sフェザー級は三迫ジムの下村佳輝選手がライオンのような獰猛なファイトでバッタバッタを対戦相手をなぎ倒して優勝。

甘いマスクに野生的なファイトで女性の声援も大きかった下村選手。

果たして2024年のSフェザー級には下村選手以上の生物的な強さを見せつける選手は出てくるでしょうか。

2階級アップの闘うサンシャイン池崎創哉

2023年の新人王トーナメントはSバンタム級でエントリーしていたサウスポーの池崎選手。

Sバンタム級時代は縦にも横にもデカく、階級離れした体格は反則レベル。

BOXING RAISEより

昨年のトーナメントSバンタム級はこの池崎選手を優勝候補と予想していましたが、角海老宝石ジムのサウスポーキラー鳥居士恩選手に逆転TKO負け。

池崎選手の武器はサウスポースタイルから繰り出される強打。

デビューから5戦、全ての試合でダウンを奪っている強打は魅力的です。

ただ、Sフェザー級に上げた初戦はダウンを奪うも判定決着。

Sバンタム級時代のような圧倒的なデカさは感じず。

サイズ面での優位性が無くなり、Sバンタム級時代のようなインパクトは無くなりました。

その分スピードや回転力で魅せていくことになるのかもしれませんが、今のところSフェザー級でどこまでやれるかは未知数。

勝っても負けてもオールKO荻原一輝

BOXING RAISEより

萩原選手の戦績は5戦3勝(3KO)2敗(2KO)。

勝ち負け全てがKOで、5戦トータルで戦ったラウンド数は僅かに9R。

倒すか倒されるか、会場観戦の際にはこうした選手がいると会場がとても盛り上がります。

打ち合いで雑になるところはあるけれどもしっかりボクシングが出来る選手です。

次戦はハードパンチャーの池崎選手と対戦します。

KO決着以外あり得ない組み合わせは期待大!!

池崎選手も決して打たれ強くはないように見えるので面白いことになるかもしれません。

ガールハント橋爪翼の安定感

ボクシングモバイルの選手紹介によると趣味はガールハント!!

ボクシングモバイルより

遊んでくれる女性を探し求めることが趣味の35歳!?

このインパクトはなかなかのもの。

戦績は2勝1敗ですが、この1敗はどちらが勝ったか分からない微妙な展開でした。

(どちらかと言えば橋爪選手が勝ったように見えましたが。)

趣味がガールハントなだけにグイグイ出てくるようにも見えますが、意外とボクシングは落ち着いた選手。

女性を落とすにはクレバーさが必要ということなのでしょう。

ガールハントで鍛え上げられたクレバーに自分の土俵に持っていく戦術に注目!

インハイ準優勝梶野翔太は苦戦が続く

東日本Sフェザー級の優勝候補として推すのはインターハイ準優勝の実績を持つ梶野翔太選手。

アマチュアキャリアもあり体もしっかりした選手。

高校アマからプロになって体負けするタイプのボクサーではない。

が、デビューから2戦連続で苦戦を強いられています。

デビュー戦はドロー。

2戦目も2対1の判定で辛くも勝利。

2戦とも相手がサウスポーで距離が遠すぎたり近すぎたりとやりづらそうに見えました。

BOXING RAISEより

次戦はオーソドックスの柿原健太選手なので自分らしいボクシングが出来るのではないでしょうか。

能力的にはもっともっとやれる選手のはずです。

決勝に池崎選手が上がってきた場合はサウスポー。

相性的にどうかなぁとは思いますが総合力では梶野選手が若干上回るのではないかと予想します。

まとめ

以上、東日本新人王トーナメントSフェザー級の注目選手を比較した上で、優勝は角海老宝石ジムの梶野翔太選手と予想します。

しかしサウスポーを苦手としているようにも見えるので、池崎選手が勝ち上がってきたらどうなるか分からない。

その池崎選手も体が固く、やや打たれ弱そうにも見えるので、荻原一輝選手の一発が当たればどうなるか分からない。

KO率の高い好戦的な選手が多い中、橋爪選手がクレバーなボクシングで淡々とポイントアウトする可能性だってある。

相性も含めて見ていくと面白い階級であります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

-新人王