新人王

2024東日本新人王フェザー級は今度こそ大橋ジムの山川健太か!?

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

2023年の東日本新人王トーナメントで高校総体王者、井上尚弥のスパーリングパートナーとして注目された山川健太選手。

しかしこの圧倒的優勝候補をRK蒲田ジムの牧田健之介選手がまさかのワンパンチで粉砕。

衝撃の結末に後楽園ホールは大揺れ。

まさかの敗北を喫した山川選手は2024年も新人王トーナメントにフェザー級で再挑戦。

今度こその思いでリングに上がる山川選手に立ち塞がる猛者はいるか!?

満を辞して今度こその山川健太

アマチュアで19戦14勝5敗。

高校総体王者にもなった大橋ジムの山川健太選手。

プロデビュー後は圧倒的な実力で3戦3勝3KOと対戦相手を寄せつけず。

しかし東日本の決勝で上述のとおりRK蒲田ジムのアニヲタボクサー牧田健之介選手のワンパンチでKO負け。

誘い込み相打ちのカウンターで仕留めた牧田選手の作戦勝ちと言える試合内容でした。

井上尚弥選手のスパーリングパートナーも務まるほどの自力を持つ山川選手は2024年度も優勝候補の筆頭で間違いないでしょう。

変則的で間合いが遠い北本慶伍

1戦1勝1KO三迫ジム所属の北本慶伍選手はガードはやや低め、距離で外してカウンターを合わせるやや変則的なスタイル。

1発1発のパンチは良く伸びて反応も良くて良く動く。

距離で避けるタイプなので被弾もあるがカウンターの上手い選手。

トーナメント初戦は角海老宝石ジムの古殿涼選手と対戦予定でしたが古殿選手の計量失敗により不戦勝。

次戦が優勝候補の山川健太選手との一戦になります。

北本選手としては1戦キャリアを積んだ上で山川選手と戦いたかったでしょう。

古殿選手は2022年9月のデビュー戦以降、2戦続けて(2戦共に相手は北本選手)試合を棄権。

計量失敗により1年間のライセンス停止もあることから、デビューから3年近くリングに上がれないことになります。

若くて経験を積める時期になんとも勿体無い。

KG大和次代のエース江田葵一

KG大和ジムから気になる選手が新人王トーナメントでデビューします。

サウスポーの江田葵一選手は高校アマの経験あり。

高校時代の試合映像を探しましたが動きは速く何より右も左もしっかりパンチが降り抜けている。

デビュー戦で対戦予定の協栄ジム田川由詠選手は上背もありフィジカルも強い難敵。

この相手をクリア出来る実力があれば次も勝ち上がり決勝の舞台に上がって来るでしょう。

高校時代のスピードに年を重ねてどれ程パワーアップしているかに注目。

菅田恭平選手はどこまで頑張れるか!?

優勝争いとは別軸でデビュー戦を見て心動かされたのが33歳デビューの菅田恭平選手。

デビュー戦は1R開始早々にダウンを奪われるもそこから必死の猛攻。

顎か上がった状態で連打を打つ姿はカウンターが怖いけど、そういう問題ではない気持ちのこもった戦いはテンションが上がりました。

結果そこから挽回しての逆転TKO勝利。

次戦は6戦3勝のミルザドマハディ選手なので厳しい戦いにはなるでしょうが、デビュー戦と同じように思い切りぶつかって欲しい。

まとめ

2024年度の東日本新人王フェザー級は今年こそ山川健太選手が優勝する可能性大。

北本慶伍選手は身体能力高いがもう少しキャリアが必要か。

江田葵一選手は現在の実力は未知数。もしかしたら山川選手を脅かす存在なのかもしれません。

33歳デビューの菅田恭平選手は優勝とか考えず目の前の試合に思い切りぶつかって会場を沸かせて欲しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

torajiro

ボクシングファン歴25年。プロボクサー歴3年。ボクシングブロガー歴2年。一人でも多くのプロボクサーの戦った証をネット上の記事として残していきたいと思いブログを開設。

-新人王